投資・税金ノウハウ

仮想通貨投資なら世界一の仮想通貨取引所「バイナンス」一択のワケ

本記事では「世界一の仮想通貨取引所であるバイナンスについて解説します。
日本国内でもたくさんの仮想通貨取引所があり、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨に投資をするべく仮想通貨取引所にアカウントを開設しているでしょう。日本の仮想通貨市場は金融庁の取り締まりが非常に厳しいので、機動力や利便性に乏しく機会損失をしていることが多いです。
仮想通貨取引所で世界でもっとも機動力や利便性に優れているのがバイナンスです。バイナンスのメリットと注意点について解説します。

1.日本国内の仮想通貨取引所が機会損失するワケ

日本国内の仮想通貨取引所での仮想通貨への投資には限界があります。とりわけ日本の金融庁の規制が厳しく海外の仮想通貨取引所と比べると効果的な仮想通貨投資ができません。日本国内の仮想通貨取引所が機会損失するワケを解説します。

1-1.取扱い仮想通貨が少ない

海外の仮想通貨取引所と比べると圧倒的に取り扱う仮想通貨が少ないです。日本国内の仮想通貨取引所でもっとも取扱い仮想通貨が多くても17種類しかありません。また、ステ―ブルコインの取扱いがないため、仮想通貨のまま利益確定ができなかったり、仮想通貨の出金に対応していなかったりと仮想通貨投資を限定的にしてしまいます。

1-2.ステーキングレンディングの対象仮想通貨が少ない

仮想通貨投資は大きなキャピタルゲインを狙う投資として知られていましたが、最近ではステーキングレンディングといったサービスが生まれ、仮想通貨投資でもインカムゲインが得られるようになりました。日本国内の仮想通貨取引所ではステーキングレンディングの対象となる仮想通貨が少なく、仮想通貨投資で効果的にインカムゲインを得ることはできません。

1-3.ハードフォークやIEOに対応できない

仮想通貨市場ではハードフォークIEOによりあらたな仮想通貨が生まれています。ハードフォークIEOの対象となる仮想通貨の取引をするには、ハードフォークIEOの対象となる仮想通貨をフォローしている仮想通貨取引所でなければ取引はできません。日本国内の仮想通貨取引所はハードフォークIEOの仮想通貨をほとんどフォローしていません。ハードフォークIEOの対象となる仮想通貨は大きなキャピタルゲインを得られる可能性を秘めていますが、残念ながら日本国内では取引ができません。

2.世界一の仮想通貨取引所であるバイナンスのメリット

バイナンスは2017年に香港で生まれた仮想通貨取引所です。中国の仮想通貨に対する規制が厳しくなったため、本拠地をマルタ島に移しています。バイナンスはユーザー数でも取引高でも世界一の仮想通貨取引所になっています。海外の仮想通貨取引所の中でも比較的安価で仮想通貨の取引ができ、取扱いの仮想通貨は370通貨を超えます。日本の仮想通貨取引所の取扱い通貨の20倍以上の仮想通貨を取引ができます。世界の仮想通貨取引所の中でも圧倒的なサービスレベルによりユーザーが増え続けています。仮想通貨であっても相対取引なため、ユーザーが多いということは早く決済ができるということです。取引の速さはバイナンスには敵いません。

2-1.独自トークンであるバイナンスコイン

バイナンスの独自トークンであるバイナンスコインを取引することができます。バイナンスコインはバイナンス内のステーブルコインとして使われています。仮想通貨の時価総額ランキングではビットコイン、イーサリアム、テザーに次ぐ第4位で、多くのユーザーがバイナンスコインをもっていることがわかります。ユーザーの中にはバイナンスコインをもっていただけで、ステーキングにより多くの利益を獲得されたユーザーもいます。

2-2.投資機会を逸しないインカムゲインとキャピタルゲインへの対応

バイナンスでは数多くの仮想通貨を取り扱っており、インカムゲインを得るためのステーキングレンディングに幅広い仮想通貨で対応しています。また、大きなキャピタルゲインを狙えるハードフォークIEOを対象となるほぼすべての仮想通貨をフォローしています。仮想通貨投資でのインカムゲインとキャピタルゲインを得るのであればバイナンスを超える仮想通貨取引所はありません。

2-3.日本語サポート

バイナンスではアカウント開設から仮想通貨取引に至るまですべて日本語でサポートしています。アカウント開設も日本に居ながら簡単にでき、アカウントが開設してしまえば日本語で仮想通貨の取引ができるのです。英語が苦手という方も簡単に海外で仮想通貨投資ができるのです。

3.バイナンスの注意点

世界一の仮想通貨取引所であるバイナンスですが、日本人がバイナンスを使って仮想通貨投資をするのであれば、知っておくべき注意点があります。

3-1.日本の金融庁からの警告

バイナンスは日本の金融庁から2回警告を受けています。警告の内容は、金融庁の認可がないにも関わらず、日本人を勧誘したことに対する警告です。この警告を受け、一度バイナンスは日本語サポートをやめましたが、その後自社のコンプライアンス遵守を掲げ日本語サポートを再開しています。日本人がバイナンスでアカウント開設や仮想通貨取引を禁じるものではないのでご安心ください。

3-2.日本からの送金・バイナンスアカウントへの入金

日本からバイナンスアカウントへ入金する場合、カード払いかLine Payでの入金になります。どちらも手数料が高額で日本から送金するのは得策ではありません。日本国内の仮想通貨取引所で一番送金手数料の安いリップルを購入し、リップルをバイナンスアカウントに出金することで手数料を抑えてバイナンスアカウントに入金することができます。

3-3.ハッキングの歴史

バイナンスは過去ハッキングを受けて仮想通貨がなくなる被害に合っています。クリプト界隈でハッキングされるのはめずらしくありませんが、バイナンスはハッキングの経験を経てセキュリティレベルをアップデートし続けています。最近ではハッキングの被害はありません。

4.まとめ

仮想通貨投資をするのであればバイナンスを使うことを強くオススメします。仮想通貨の取扱い通貨の種類やユーザー数が多いことで早い決済ができること、仮想通貨投資で考えられる利益確保のための投資機会などどれをとっても日本国内の仮想通貨取引所は敵いません。

バイナンスの唯一の欠点は日本からバイナンスアカウントに入金する手数料の高さですが、それも日本国内の仮想通貨取引所でリップルを出金すれば問題ありません。いずれにせよ、バイナンスを仮想通貨投資のメインとするべきですが、日本国内の仮想通貨取引所でもアカウントが必要になります。日本国内の仮想通貨取引所の比較サイトはたくさんありますが、バイナンスに比べればサービス内容に大差はありません。

いまでは投資の業界でも仮想通貨は無視できない位置付けとなっています。中央銀行も仮想通貨と対抗するため、CBDCの実証実験に励んでいます。仮想通貨やCBDCの普及でどんどんとキャッシュレスになり、ボーダレスで資金移動ができるようになるでしょう。ボラティリティの高い仮想通貨で投資をする必要はありませんが、ステーブルコインを中心に仮想通貨投資をはじめてみてはいかがですか。仮想通貨投資ならバイナンスを強くオススメします。

仮想通貨に興味がある方は、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

▼動画はこちら

不動産会社は教えてくれない
海外不動産のホントのトコロYouTube版

記事では書ききれないリアルを発信中!

個別に相談したい方はこちら!